Vラインの毛を少しだけ残すというのが現在のVIO脱毛の主流

Vラインの毛を少しだけ残すというのが現在のVIO脱毛の主流

今まで女性が脱毛サロンに通って脱毛の施術を受ける部位と言えば腕、脇、脚など薄着をする時に露出する部位が多かったのですが、最近はデリケートゾーンを清潔に保ちたいという気持ちが強くなっているせいかVIO脱毛の施術を受ける女性が増えてきています。VIO脱毛はデリケートゾーンの毛を脱毛するという施術で施術中は少し恥ずかしい気もしますが、スタッフも女性なのであまり気にならないという人が多いようです。

 

VIO脱毛の施術を受ける時に最も心配な点と言えば施術中に出る痛みでしょう。デリケートゾーンは皮膚が薄いので少し刺激を与えただけで痛みが出そうなイメージがありますが、実際はそれほど痛みが出る事はないようです。脱毛サロンは出力の弱い特殊な光を毛根に照射していく光脱毛という施術方式を採用しているので皮膚の薄いデリケートゾーンでも痛みが出る事はほとんどありません。しかし膣周辺のIラインを脱毛している時はチクチクするような感じがする事もあるので気になったらスタッフに伝えるとしっかり対応してくれます。

 

VIO脱毛の施術を受けると基本的にはデリケートゾーンの毛がすべて脱毛する形になるのでツルツルの状態になります。しかしツルツルだと違和感がある女性も多いという事でビキニラインのVラインの毛を少しだけ残すというのが現在のVIO脱毛の主流になっています。そこでVラインの毛を残す形もいろいろあるので見ていく事にしましょう。

 

Vラインの毛を残す形でスタンダードなのは逆三角形型でビキニラインに沿って残します。ビキニラインに沿って残すと自然な感じがするので最も人気の形となっています。

 

逆三角形型の他には卵型に残すというのも人気となっています。卵型は丸みを帯びているので可愛くて女性らしさを出す事が出来ます。そのため若い女性に人気となっている形です。

 

個性を出したいという人でハート型に残すという人もいますが、ハート型は賛否両論なので独断でするのは止めた方がいいでしょう。