脱毛トラブルに見舞われないように適切なアフターケアを

脱毛トラブルに見舞われないように適切なアフターケアを

剛毛な女性ほど小まめなムダ毛の手入れには気を使っている事でしょう。剃るよりも抜く方が長持ちするので行っている方が多いです。

 

日々綺麗になる為に様々な脱毛を試している方たちに、改めて無駄な脱毛トラブルに見舞われないように自分で出来る脱毛方法と適切なアフターケアを知っておいてほしいのです。

 

おそらく最も多くの女性が頻繁に処理をしているだろう足の膝下の脱毛を例にします。

 

最近はずいぶんとお求めやすくなった電気脱毛器を使った脱毛は効果も評判がよく、自分のペースで他のほぼ全身の部位も脱毛が出来るためおススメできる方法です。ただし効果があるだろうと直前に部位を剃刀でつるつるに剃ったりしてはいけません。ただでさえ電気脱毛器の使用で肌がダメージを受けるので、剃刀などで肌に細かい傷を作らないようにしましょう。一番脱毛の効果が期待できるのは五ミリ程度の長さです。

 

足は処理する場所が広いため、時間がない方は脱毛テープを使って一気に処理してしまうのもひとつの手です。
手軽かつコストも低く、学生さんなどが行っていることも多いでしょう。

 

ただ粘着力がとても高いのではがす際に肌を傷めてしまったり、痛みがあったりと難点もあります。
敏感肌の方はテープで処理する頻度を減らしたり、痛みがいつも強いなら入浴後など肌が温まり毛穴が開いた状態で行うと脱毛効果が高まります。

 

広い範囲を脱毛するのに同じく向いているのは脱毛ワックスです。

 

ワックス剤を膝下に塗り、説明書通りの時間が経ったらムダ毛ごとはがします。

 

毛根から抜けるのですべすべの足が長続きするなど利点が多いのですが、ワックスに使われている素材が肌に合わなかったりシートタイプの脱毛と同じくはがす際の刺激が強いため、かぶれや赤み、埋没毛といった肌荒れを起こしてしまう事があります。

 

自分の肌質と相談して行うのがいいでしょう。

 

どの脱毛方法も事前に数ミリ程度毛を伸ばしておくとより効果が望めます。またボディクリームなどで保湿は必ず行い、脱毛後の敏感な状態の肌は直接日焼けしないようにしてあげましょう。

 

川越 脱毛